リビングの内窓をDIYで作る★掃き出し窓編その1

      2019/09/19


前回の
リビングの腰窓の内枠制作の記事より
少し間が空いてしまいましたが(^^)



リビングの腰窓




続いて、掃き出し窓の内窓作りに着手!



before1はこんな感じ。



普通のカーテン
でもすごく気に入ってた生地でしたが。
残念ながらエモの餌食になって裾がボロボロに💦



リビング1全体




で、beforeその2
カーテン生地を変えるついでに、
パネルスクリーンっぽくフラットな3枚に変えてみました。
角材に布地をつけただけ!
簡単なのにすごく使いやすかったです(^^)/



3枚完成






完成2




このカーテンは
生地を適当な大きさに裁断しなおして、木材にタッカーで留め直すだけなので
色々生地を変えて、楽しんでいました!
クッションカバーとおそろいで気に入ってた柄^^



カーテン




さて、
このカーテンを内窓に変えていきます!となれば
まず買ってくるのは角材です(^^)/



材料をカットして、、



木材 (2)




とにかく一気に塗装~。もうひとつの、腰窓に合わせて、一部水色にしました。



ところで、「いつもDIYってどこでやってるの?」
とよく聞かれるのですが
ほとんどリビングでやってます。
何をしてようと家族はぜんぜん気にしない(笑)
ネコも家族も慣れっこになっちゃいました(*’▽’)



塗装




ここまでやれば、後は組み立て!(^^)!



イメージは大体のラフから。
あとは流れに任せて作る(笑)



窓の形は大まかにはこんな感じで決めてあるんですが、
細部やはめるポリカーボネートの寸法などは出ていません^^;
作りながら考える感じです。



大雑把な絵~。。



予想図




大きい引違いのサッシなんですが、右側は息子の机もあるし、
もともと左側しかほとんど使わないので、
右側は腰壁の窓みたいなイメージにしたいと思ってます。



まず、寸法取りした木枠に
ポリカーボネートを後ろから留めます。
これは欄間になる部分。



欄間1




裏返すとこんな風になります。
右と、左、1つずつ作製。



欄間2




右側の窓部分から取り掛かりました。
欄間と、真ん中、下の木材を横枠にして、
ブルーに塗った縦枠で挟みます。



右枠組立て




ダボだけだと、挟むのに時間かかるので、ネジを併用しました。



組み立てが出来たら、
もともとからある窓枠に直接ネジ留めします



左側は、もともとあるキャットタワーと連結。
キャットタワーは前に作ったもの
制作記事はコチラ



枠完成




欄間は高さ15㎝ほどでちょっと細めです。
木枠だけだと、下からのぞいたときに結構アルミ枠が見えるので
欄間をつけることで、アルミサッシが見えなくなりました(^^)
最初は、左のキャットタワーに付けた欄間と高さをそろえるつもりでしたが、
あんまり高くとると、
出入りするドアが小さくなるので、右側だけ15㎝ほどにしてみました。



欄間部分UP




こんな感じでサッシが隠れました♪

さて、ここから出入りするドアを作っていきます!
つづく★



ブログランキング手づくりインテリアポチっと応援してくださると嬉しいです☆


人気ブログランキング

 - 事例