50代からのしあわせマイルームづくり♪★その2

前回、
壁を撤去した寝室のベッドルーム周り
前回の記事はコチラ

 
ふかした壁の撤去をした場所
今度は逆に
へこんでいる箇所の
真ん中のアクセントクロス部分が
ダブルベッドサイズで
今のシングル2台に合わないので、ここを塞いでいきます!

垂れ壁を制作します

 


角材で壁の下地を作っていきます。
角材に使ったのは
●35㎜角の角材
両端の壁がある部分には、
●厚さ18㎜のSPF材を垂れ壁と同じ長さにカットして取付けました



左右の板材と、
真ん中に作った下地材をつなげるように
横方向にも角材を取付けます



下地ができたところで、
あらかじめ切っておいた
5.5㎜厚のベニヤ板をネジで留めます。

垂れ壁部分がつながりましたね(^^)/



さらに、下の部分には板を一枚追加して取付け


こんな感じになったのですが、
なぜかは
また 次回の記事で詳しく♪

底板は
SPF材で塞いでいます。


ベッドのヘッドボードを
杉板で作ります。

今回、
ベッドはできるだけシンプルに
今後、模様替えなどもしやすいデザインに。
ヘッドボードの無い
シンプルなすのこベッドにしました。

ですが、本や時計を置くスペースも欲しいので
元々あった凹み部分に合わせて
杉板をコの字に組んで
ヘッドボード風にしてみました。


設置するとこんな感じで、つながりが出ました!
※壁を撤去したところの床材がむき出しなのですが
ベッドで隠れるので今回はそのままで(笑)

アクセントクロスを板張りに
イメージチェンジします

垂れ壁と
ヘッドボードができたところで、
間を埋めるのは、
今回はクロスではなく、
板張りにすることにしました。

前から内装に使ってみたかった荒材の杉板。
風合いが素敵なのですが、
「荒材」の名の通り、表面がかなりザラザラなので
念入りにサンダーをかけました。

ウデがつかれた・・



貼っていきます!



下から順番に貼っていく、
「鎧張り」というのに
してみたかったんです♡



全部貼って、壁面がつながりました~~✨



 

アジアンリゾートなイメージから
ナチュラルな高原リゾートのような
イメージに?

 
ナチュラルな感じにしたくて
今回、アクセントクロスから板張りに変更したのですが
夫の一言「おお、なんかロッジみたいでいいね~」
と、「え、、そうかな😅」と
なんだか複雑な気分になりましたが。
ロッジというと、
なんだか丸太小屋のような感じなイメージ?
ちょっと違うんだけどなあと思いながら。

ベッドをセットすると
確かに、そんな感じもする?!



まあ、色を塗ればこれからさらに
グレードアップ♡もうちょっと落ちついた
寝室になっていきますので!(^^)/

でも、だいぶこれで壁が出来上がって
ベッドルームらしくなってきました✨

まだまだ楽しいリメイクは続きます・・・

ENJOY お片付け&DIY!
 
ブログランキング手づくりインテリアポチっと応援してくださると嬉しいです☆

人気ブログランキング