片付けで人は変わる!「この服は違う」とお客様が言った瞬間

      2018/11/04

先日、定期的にお伺いしている
整理収納のお客様宅に訪問しました。

丁度、去年初めてお伺いしてから1年位になります。

最初は
お部屋にモノがあふれていて

和室、キッチン、洗面、納戸・・と順番に
一緒に片づけてきました。

そして、先日は
「そろそろ衣替えをしたいので」とのご依頼。

去年の今頃に、いったん整理して
沢山のお洋服を手放し、溢れていたクロゼットの中に
いったんはすべてお洋服が収まった状態でしたが
保留のものもたくさんありました

あの時は、
「明らかに傷んでいたり、必要の無いお洋服」だけを
手放すのに精いっぱいだったお客様。

今回は、お悩みになっていたので
「一度袖を通してみてください」と言うと、
「そうですね!」と言って
さっと鏡の前に。

そして、

「あっっ・・これは違う。」

 

とおっしゃいました!

お客様が、変わられたのを見た瞬間です(^O^)
とても素敵な表情でした

袖を通すまで、悩んでおられましたが
パッと脱いで、手放す側へ。

それからは、次々と着てみて、
「これは違う。」
「あっこれは肩パットを外せば着られる」
「ボタンを付け替えるのが面倒でしたが挑戦します」

とご判断が早くなりました。

そう、一年前に沢山のお洋服を前にして、

「これもまだ着るかも・・」
「これは高かったのですよね・・」と悩まれていたお姿は
どこにもありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片付けは
苦手な方もおられますが、

必ず変化が現れます。

でも、魔法のように、一瞬では変わりません。

よくTVで一日でこれだけ片づいた!と特集されていることが
ありますが、

そのあと、ご本人がどう向き合われるかがとても大切です。

このお客様も、
最初にご訪問した際は、3時間で、
スタッフ2名で荷物があふれた一室を片付け、
「すごい!魔法みたいです!!」と

おっしゃってくださりましたが

わたしたち以上に頑張られたのはお客様。

ずっと悩み、

思い切ってご連絡をくださり、

沢山の荷物にひとつひとつ向き合われたのはご本人です。

そのご経験があってこそ。

そのあとに、ご自身の「習慣」とどう向き合うのがが大事。

「出したら、仕舞う」

頭では分かっていて、
当たり前のようにできそうなことが
日々余裕がないとできなくなるのが「習慣」というものです。

そして、

「すぐには治らない」ことをご本人も良く理解していたからこそ、

定期的にお呼び下さり、どんどんキレイを保つスキルアップが
進みました✨

そして、

「最初に比べれば、全然キレイなんだけど、
また、リビングをもう少し整えたい」と、

また、ご予約をくださいました。

もう、その時点で

自分ひとりで頑張らなくて良い。いきなり上手にならなくても大丈夫」と

頭を切り替えたのが 一番のスキルアップの秘訣だと思います

髪の毛も、伸びれば美容院に行きますよね?

やはり、自分ではできないこともあるとわかっているから。

事務的に、義務的に片づけるだけではつまらないです。

美容院に行くように、

エステに行くように、

スポーツジムに行くように、

「楽しみながら、リフレッシュする、鍛える」

おかたづけ、って素敵だと思います^^

 - 事例, 片づけ・収納